[henyohenyo]

ねこちゃん、ありがとう!

8/5(金)11:10、ねこちゃんが亡くなりました。
あきらかな体調不良になってから、ちょうど3週間目でした。 

16年前に、推定1才の姿で我が家に突如あらわれた美人猫。
無理強いされることが何よりキライでわがままで、食べたいもの以外はガンとして食べなくて、怒るといつまでも根に持って復讐してきて、私がトイレやお風呂に入ると戸口で待っていて、冬はかならず一緒のふとんで眠り、泣いているときにはそっと隣に寄り添ってくれる、そんな子でした。

美しくて、
頭がよくて、
優しくて、
甘えん坊で、
おしゃべりで、
人見知りで。

親にもオットにも言えない秘密の相談を打ち明けたこともある、私の大親友。

最期、やせてぼろぼろになった体で、それでもプライド高く決して弱みを見せず、私の腕の中で静かに静かに、そしてすうっとしなやかに肉体から離れました。それはもう見事なほどに。

あんな風に生きて死に逝きたいと、本気で思わされる生涯でした。
ねこちゃん、ありがとう!大好き!!
貴女と出会えたことを心から感謝してます。うちに来てくれて本当にありがとう。

りこ2011年8月 5日 12:29コメント(14)|トラックバック(0)

カテゴリ:

コメント(14)

ねこちゃん、安らかに眠ってください。
りこちゃんの腕の中から旅立てて、ねこちゃんも幸せだったね。
りこちゃん、お疲れ様でした。
元気出してね。

ねこちゃん…
りこさんとねこちゃんの強い強い絆と愛情を感じます。
姿が見えなくなってしまうのは淋しいし辛いけれど、
きっとこれからは、ふくちゃんと一緒に、りこさんのすぐ傍で見守っててくれる!
どうか元気出してくださいね。

>まきちゃん
コメントありがとうー。
いつか必ず来るものだと思っていても、いざその場に立つと迷いもあれば大きな悲しさもありますね。
でもねこちゃんの一生は幸せだったと信じて、私も早く元気になるぞー(^^)
また飲みましょう!


>まみちゃん
うれしいコメントありがとう!
たぶん、ねこちゃんも私と出会ったことに幸せを感じてくれた瞬間があったと思うの。ひとまずはそれを信じることにして...。
あとは残された寂しさだけど、これは自分でなんとかするしかないので修行だと思って乗り越えますぞー。

でも、これからはどこにいてもねこちゃんと触れあえるんだもんね。
寂しくない!

ねこちゃんがついに…!

17歳とはものすごく長生きしましたね。
それだけ長く一緒に生活してると、いるのが当たり前ですし
自分の生活の一部ですし、だからこそいなくなってしまうと
本当にポッカリ穴のあいたような…なんというか
ホントに胸が締め付けられる思いがしますよね。
ねこは、手はかかるし、イタズラもするし
一緒に生活するにはいろいろ大変ですけど、
だからこそかわいいし、
かつまた本当に心を癒してくれる存在ですからね。

でもねこちゃんはりこさんの元で生活できて
本当に幸せだったと思いますよ。
大往生ですよ。

しばらくは辛いでしょうが
気を落とさずにね…。

お悔やみ申し上げます。
りこさんの腕の中でお空へ行ったのですね。
きっと、愛情いっぱい抱えて旅立ったのでしょうね(^^)
ねこちゃん、安らかに・・・。
りこさんも思いのままに、ゆっくりされてくださいね。

>たなかセンセイ
ねこちゃんは年齢不詳で我が家にやってきたので、もしかしたら20才かもしれないのです(たぶんそんなことは無いと思いますが)!
病名は腎不全でしたが、老衰といってもいいかもしれませんね。

キジちゃんと同じように、数週間かなり辛そうな状態でした。それをずっと見ていたので、解放されたのは本当に嬉しいです。
寂しさはこちらで何とか処理すればいいんですもんね。ねこちゃんに心配かけないよう、前を向いて行こうと思ってます。


>まいちゃん
まいぺーちゃんだよね?
あたたかいメッセージありがとう!
本日荼毘に付されることになり、先ほど最後のお別れをしました。まだ涙が出てしまいますが、ねこちゃん本体(?)は自由に飛びまわっているのだから悲しがるのはおかしいですよね。
心に花の咲く方へ向かわないとね。

ねこちゃんの訃報に際し、お悔やみを。
きっと、幸せだったと思います。お互いを思いやる気持ちを、りこっちもねこちゃんも持っていたのだと思います。
動物は人間よりも寿命が短いけど、その分、一生懸命に生きています。それに真摯に応えたりこっちに幸いを。
余談ですが、こんなケースもあります。http://tknk.wwu.jp/?p=133
みんなしあわせになれ。

ねこちゃん。涙涙涙
凛としていてやさしくて甘えん坊なところとか、ねこちゃんとりこさん似ている気がする。ずっと一緒にいると、似てきますよね。
寂しいけど、いつかまた会える!
でもやっぱり寂しい。でも絶対また会える。

好きな人の腕の中で静かに亡くなるなんて、とっても幸せな最期だーと思いました。
ねこちゃんのご冥福と、りこさんが元気になれるように祈ります。

>ほうけっち
こちらでは久々—。
ありがとうございます。

> 動物は人間よりも寿命が短いけど、その分、一生懸命に生きています
ホント、そうですね。
いつもそう思ってたけどますますそう思った。
幸せな生涯を過ごしてくれたと信じて(信じるしかない!)、明日への力に変えようと思ってます。

紹介してくれた電子書籍、今呼んだら絶対泣き崩れちゃうー。
ので、もうちょっと心が落ち着いたら読ませてもらいますね。


>ほりー
ありがとうありがとう!
ほりーはホントに辛かったよね。ねこちゃんの姿を見守りながら、パセリさんとほりーのことを何度も考えてました。

でも、パセリさんは病気の間はとても苦しかったけど、最期の瞬間は絶対幸せだったよ。
というか、彼女が生きた時間のほとんどはずっと幸せだった!
その幸せがちょっとの苦しい時間に負けるわけない。

私の考えはですね。
ねこちゃんは、17年間ねこちゃん型の着ぐるみに入ってただけ。自由になった今は好きなときに好きな場所でいろんなことをして楽しんでると思ってるんです。もしかしたらすぐに別の形で生まれ変わるかもしれないけど、それは彼女の自由で。

だから、どういう形で会えるのか、もしかしたらもう会えないのかも分からないけど、もうそれは彼女の意志に任せようと思ってます。

想像ですが、パセリさんとねこちゃんはまだしばらく私たちの近くにいてくれるんじゃないかと(^^)

ビックリしちゃった!ねこちゃん、なんだか体調悪いみたいだったけど、、とうとう…。涙出ちゃうよ。。

でも、自分の腕の中で旅立ったとのことで、お互いにきっと、幸せだったのかな!?

ずうっと一緒にいたなら、本当に、ポッカリ穴が開いてしまいそうよね。。なんと言えばいいのか分からないけど、、どうか、元気出してね。

とうとうねこちゃんまで。。。。(涙)

猫さんは飼い主さんを選んできてくれると思っているので、ねこちゃんも、りこちゃんも、どっちも必要な存在だったのだと思います。
そして、ふたりとも相手を幸せにしていたんだと思います。

ねこちゃんの冥福を祈ります。

>め。ちゃん
ねこちゃんは分からないけど、少なくとも私はとっても幸せだったー!
猫ぎらいだったうちの家族が揃って猫ファンになったくらい、魅力たっぷりな子でした。あんなにパーフェクトな猫には、もう会えないかもしれないなぁ。

しばらくの間は、ねこちゃんの気配を感じるたびに空中に向かってに話しかける「キモい人」になると思いますが、それもまたよし、と思ってます。


>ちまちゃん
ね、ふくちゃんのことがあってまだ1年半しか経ってないというのに...正直こたえてます。
でもふくちゃんのときと違って、長生きしてくれたことと事前の覚悟ができていた分、あれほどのダメージは受けない気がしてます。

ねこちゃんにとって私が必要な存在であったのなら、彼女を幸せにできていたのなら、そんなに嬉しいことないなぁ。そうだといいな。
ありがとう(^^)

猫ちゃんはとっても愛されて幸せな猫生でしたね。
りこちゃん夫婦に感謝していると思います。
ご冥福をお祈りいたします。

>ぬーちゃん
コメントありがとう!
ぬーちゃんにはねこちゃんの話をたくさん聞いてもらったし、何かと気にかけてくれてたよね。
メールでお知らせしようか迷ったんだけど、楽しい話ではないのでちゅうちょしてました。ゴメンね。

いざ亡くなってみると、日常の中で彼女のことを考える時間がどれほど多かったか気づかされました。さみしいけど、そこまで愛せる存在があるということは自分にとって幸せだったなぁ、と。

限りある命、お互いいつでも全力投球でいきましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.henyohenyo.com/mt/mt-tb.cgi/2202

Jump!