[henyohenyo]

仕事とカネと時間と私

仕事の相棒わだっちから発せられた「りこさんの進行がオラオラで」という一言が、ボディブローのようにジワジワ効いている最近のワタクシ(笑)。
...あ、誤解のないように。わだっちの言うとおりなのよ。「なんとオモシロかつ的確な表現でしょう!」と感心しつつ、いろいろ考えさせられたのでちょっと書き留めておこうかと。
そのうち仕事用のサイトにブログを設置したら、このエントリーは移動する予定。

思えば、会社員時代からフリーになって2、3年目くらいまでは、自分で仕事を進行(ディレクション)するような機会はありませんでした。私はあくまで「プロジェクトの一員」として仕事に参加する立場。与えられた役割をひたすら遂行していればそれでOK。

どちらかという職人気質の私はそういう仕事のやり方に十分満足していました。が、フリーランスになると「受け身」のままではいられないもので。予算の少ない案件を引き受けてしまったら、お客さんとのやりとりも制作も自分ひとりでやるしかないのだ...ということに遅ればせながら気づいたわけです。

で、やっぱりお客さんには喜んでもらいたいし、仕事ができることは自分の幸せでもある。だからお客さんに頼まれれば、多少無理してでもがんばって応えました。締切りに間に合わなそうなら徹夜もしました。予算が多い仕事も少ない仕事も、同じように全力投球したものです。

でもね、いつしか気づいちゃったのよね。仕事がスタートするときはやる気まんまんなのに、途中からはいつもグチを言ってる自分に。

  • お客さんの希望どおりにスケジュールを空けていたのに、電話一本で延期される
  • 出口が見えない修正地獄
  • 締切りは決まっているのに、いつまで待っても原稿を支給してもらえない
  • なんだかんだで1ヶ月ちかくかかりっきりなのに、ギャラは10万円

...などなど。今から思えば、あのころはだんなさん相手にグチばっかり言ってた。しかも、自分としてはかなり頑張ってるつもりなのに社員時代とくらべて年収ガタ落ちで。
「おぉ、このままだと仕事がキライになってしまう!」と危機感を覚えた私は、ここでようやくじっくり考えることにしました。

まず、自分のストレスの原因はなんなのか。
つきつめていくと、(細かいことは色々あれど)要は「お金」と「時間」だと気づきました。
労働と対価が釣り合わない(と感じる)こと、お客さんの都合のせいで布団で寝られなかったり友達との約束を断らなきゃいけないこと。私の不満は結局この2点だったんです。

じゃあ不満を解消するためにどうすればいいのか。
...うーん、それは今も模索中です。スミマセン、ズバリな解決方法はまだ出てません。

ただ、じっくり考えたあの日から今日まで「お客さんにも責任を持っていただく」ということだけは徹底してます。

私は、自分が進行する仕事のスケジュールにはかなりこだわります。仕事が始まったらすぐに、「お客さんに守ってもらう締切り」と「自分が守る締切り」を一覧にしてお客さんに提出します。途中で状況が変われば、その都度スケジュールを引き直していちいち確認してもらいます。こうして、「すべての作業はスケジュールにのっとって進められること」と「お客さんが締切りを守らなければその分全体が遅れること」を承知してもらうのです。

もちろん「スケジュールは絶対!」なんて言うつもりはないですよ。全体的に余裕のあるスケジュールなら多少の融通はきかせられるし、自分がちょっと無理することでお客さんの遅れを吸収できそうならそうします。でも、フリーランスはひとつの仕事だけしてればいいってわけじゃないんです。いくつかの仕事を同時進行してたら無理がきかないこともあります。
そんなとき、スケジュールの重要さをお客さんがきちんと理解してくれていれば、ほとんどの場合は納得してもらえます。

細かいスケジュールを立ててお客さんと共有するってことは、自分の時間に保険をかけることになるのですね。
そして、スケジュールを重視するとお金の話もスムーズにできるようになります。

もし最初に「1ページ○○円」といった見積りを行ってしまうと、その1ページをつくるためにどんなに手間がかかろうと時間がかかろうと「1万円」という金額は動かしようがありません。でも、「白」を目標としてつくっていたページを途中で「黒」にするよう命じられたら、実際にはどうでしょう。下手すると、1つのページをつくるのに2倍の時間と労力がかかるかもしれません。

「私は時間を軸にしてお金を算出するのだ!」と決めておけば、上記のような状況に陥ったときに、ギャラの増額を打診しやすくなりませんか?お客さんがどんな反応を返すかは分かりませんが、少なくとも自分の中のハードルが低くなりませんか?

そして実際のところ、スケジュールの感覚をきっちり認識してくれてるお客さんは、お金に関してもこちらの要望を聞き入れてくれる場合が多いのです。

てなわけで、こんな考えのもとに仕事している私は、そうじゃない人からすると「オラオラ」に見えるんだと思う。それはよく分かるの。これまでに「めんどくさい制作者だな」とか「お金を払ってやってるのにエラそうに」と不満をもったお客さんもいらっしゃると思います。自分でも「あれはちょっと強引だったな」と後悔することが無いわけじゃないし。

ただ幸せなことに、最近の私は仕事の不満とかグチがほとんど無いんですね。
一緒に、積極的に作品をつくりだそうとしてくださるお客さんとの出会いは感謝そのもの。気持ちに余裕をもって取り組んでいるから、どの仕事にも学びがあり、毎日が充実しているのです。

まだまだ未熟で方法論を確立できてないけど、自分の場合は「お金」と「時間」さえ満足できれば多少のことは気にならないことが分かってるので、これからもこのテーマを追求していこうと思ってます。
長くてゴメンなさーい!

りこ2010年7月 6日 23:34コメント(13)|トラックバック(0)

カテゴリ:

コメント(13)

すごい勉強になります・・・。
私もこれまでずっと、受け身でばかり仕事をしてきたので;
今、進行中のお仕事で、今までやった事のないジャンルというのもあり、ちょっと色々想定外の事が多くて。
一番最初に「私のやる仕事として、これとこれとこれ」と明確にしておかなかったのも失敗な気が・・・(-_-;)
フリーランスとは言ってはいけないほどにまだまだ駆け出しですが、また色々教えて下さい大先輩・・・!

それはきっと、あたしが振った仕事じゃ……すまんのう。

この埋め合わせは京都で!!

>ヨウコちゃん

な、な、なにをおっしゃる!
ヨウコちゃんこそフリーランスの大先輩ではないですかー。

まさか、トラブってるのは私がらみのお仕事...ではないですよね?もし何かあったら遠慮なく言ってね!!
私からも、改善してもらうよう働きかけます。即やります!

それはそれとして、今からだって遅くないと思うよ。「私ができるのはこれとこれなんです」って伝えていいんじゃないかしら。
「最初にお伝えしなくて申し訳ありません」と付け加えてさ。
そんで、「もしこれをご依頼されるのであれば、追加料金●●円いただきます」って言っちゃっていいんだよ。仕事なんだもん!人ひとりがそれだけの時間と労力をかけるんだもん。

「なんで私が...」と思いながら仕事するのってめちゃくちゃストレスじゃない?


>いまちゃん

えっとえっと、これは私あてのコメントじゃないよねー?(^^;)

勉強になります。!
私もストレスポイントはきっと同じような部分なので、すごく納得です。

>まみち

たぶん、ストレスポイントはみんなほとんど同じだよね。
多少寝られなくてもギャラが高ければ頑張れることもあるし、あと、ギャラが安くても今後につながる仕事なら「いっちょやったるか」と思えるかもしれない。

個人的にあんまり良くないなーと思うのが、「取引先との関係を悪くしたくないから我慢する」「お金も時間もルーズだけど、サイトの内容が自分の好きな内容だからやる」といったあたりでしょうか。

前者はその取引先の奴隷決定だし、後者は「プロの判断」とは言えないかなー。

まみちゃん、しばらくお休みしたとしても早く復帰してね!また一緒にお仕事したいの。待ってますー。

わああ(汗)いまさんからのでも、りこさんからのでもないですよ(>_<)
紛らわしいこと言ってごめんなさい!
むしろそっちではご迷惑かけてる気がします……。汗

トラブルというか、クライアントさん側も初めてのジャンルの仕事のようで、注文の出され方に少々戸惑ったり(^_^;)
でも全体の仕事内容については、昨日打ち合わせて来て、改めて確認してまいりましたのでとりあえず大丈夫と思います。ありがとうございます>りこさん
あとは、私はもっとプロ意識を持たないと……ってとこですかねえ…;


>ヨウコちゃん

あーよかった。
でも、もし私がお願いした件で何かあったら言ってくださいねー!

打ち合わせで少し問題が解消できたようでホッとしました。お互い大変なこともあるけど頑張ろうねぇー。
私も、なんかあったら相談に乗ってください。

ありー
冒頭で私の名前があったのでびっくらこいたよ(笑)。

りこさんとお仕事してると、手切れがよいお仕事ばかりで
とってもありがたいですヨ。

その辺の企業とやりとりするより
ずっと早くお仕事が終わります。フリーの方からもらっている
お仕事とはとても思えない!

その裏にはこんなポリシーがあったのですね〜

さすがです〜ヽ(´▽`)/

>わだっち

わだっちのおかげでエントリーがいっこ書けたよ(笑)!

私の感覚では、わだっちには相当ご迷惑かけてるのよねー。何度も修正をお願いしたり。でも、申し訳ないと思う一方でめちゃくちゃ頼りにしています。
これからも懲りずにおつきあいくださいませ!

りこさん頼もしい〜〜!
共感出来る所がかなりあり、勉強になりました。

今まで何をやりたいのか分からず、もやもやしていたのですが、
最近少しづつ形が見えてきた感じなのです。

もしかすると、また会社組織で復帰するかもしれません♪
(オファーだけで、まだ色々な説明を受けていないので)
長い目で見て、また正式にデザイナーと名乗れたら良いなと思っています(^^)

>すかちゃん

コメントありがとうー!
...っていうか、お仕事再開するかもしれないんですね。私までうれしいよー。

お仕事すると気持ちにハリが出るよね。
体と相談しながら、無理の無い範囲でできたらいいね。
応援してます!

迷惑なんかかかってないよ〜。
他のお仕事だともっともっと修正入ります(笑)
作り直しなんてことも平気であるよ。
いっぱい修正入っても対応できるキャパはある(と思ってる)
ので、気兼ねなく連絡ください。
ちなみに、修正があまり入らないということは
コントロールしている人の腕がよいということだと思います♪
こちらこそ、これからもよろしくです。。


>わだっち

ありがとうー!
こちらこそ、これからもよろしくお願いします!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.henyohenyo.com/mt/mt-tb.cgi/2153

Jump!