[henyohenyo]

なつやすみ(1/2)

いろいろあってなんとなく疲れたので里帰りしてきました!
フリーになって6年、これまでは取引先などに「休みます」宣言をしたことがなかったので、旅行中もメールの返信したりちょっとした作業をしたりして、なんとなく落ち着かなかったのですが。

ちゃんと休むと休まる!
集中して休むって、大事だね。

で、今回の里帰りは3泊4日。そのうち1日(初日)は京都でホテル泊でした。

初日。午後に家を出て、新幹線の中でiPad片手に動物愛護法の改正に関するパブリックコメントを書いてたら、あっという間に名古屋。そんなこんなで京都着。

チェックインして落ち着く間もなく、3月までお世話になっていた雑誌の編集者Iさんと待ち合わせ。彼女は春から京都で働いているので、関西に行く用事があれば絶対声をかけようと思っていたのだ。お互い京都の地理に不慣れなため、四苦八苦してようやく会うことができたけど、この時点ですでに予定より1時間押し。あわてて近くの喫茶店に入って話に花を咲かせるも、なんとこの店、Gだらけ!!「G」...そう、Gですよ!わかるでしょ?

ガイドブックにも載っている有名喫茶店でまさかのG攻撃にビクビクしつつ、それでも楽しい時間を過ごして次の予定へ。お次は、これまた春まで東京に住んでいたゆかこさんと食事の約束が入っているのでした。私ってば、お休みなのに超多忙。
親切な編集者さんが、ゆかこさんとの約束の店まで案内してくれ、大感謝でバイバイ。あーゴメンなさい。そしてもっとお話ししたかったよー。うぐぐ。

ゆかこさんは、京都らしい風情の「ふらいぱん」さんを予約してくれてました。ご主人と、カワイイカワイイ娘さんも一緒!
ゆかこさんは、プロのメイクさん。とあるご縁で知り合って、不思議と意気投合。東京に住んでいたころはお宅にお邪魔したりして、仲良くさせてもらってます。いつも美しいのはもちろんのこと、頭がきれて辛口ユーモアの利いた素敵な女性。

あいにくの雨だったけど、お店が気を利かせて川床の上にビニールの屋根をつくってくれたおかげで「やっぱり京都の夏はこれどすなぁ」な気分を味わえました。ハンサムで優しいダンナさまともゆっくりお話しできたし、なんといっても娘のひーちゃんがかわいいこと。お料理もワインもおいしくて大満足!

23時に閉店で追い出され(ダンナさまと娘さんはすでに帰宅)、「さてどうするか」と散策してたら呼び込みのおにいさんから声をかけられフラフラとバーへ。呼び込んでたおにいさんに案内され、席に着いたら同じおにいさんがカウンターの中から「なに飲みます?」だって。なんと呼び込んでたのはバーテンダーさん本人だったという(笑)。

食事しながらビールだのワインだのをいただいてすでにイイ感じになっていたのですが、ここでもしっかりいただいて、ふたりでヘロヘロに。写真は、ゆかこさんが飲んでいたカクテル。バーテンさんから説明を聞いたけど、ほとんど覚えてないってば。最近、飲むと記憶がすっぽ抜けること多し。ダメだなぁ。まずいなぁ。

バーを出たのが2時前くらいかな?
さらにその後カラオケ1hやってようやくホテルに戻りました。いやぁ、遊んだ遊んだ。
ひさびさにチャゲアスしばりじゃないカラオケを堪能しました。でも「モーニングムーン」は歌ってしまったけど。

数時間後の2日目の朝。ハッと目覚めて二日酔いになっていないことを確認し、ホッ。いや、だいぶ酒臭かったけどね。わはは。
お風呂にじっくりつかって、フラフラと町を散策したりスタバでコーヒー飲んでお酒を抜いてからロビーで両親と待ち合わせ。京都で遊んでから滋賀県の実家に帰りました。

りこ2011年8月30日 14:23|トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.henyohenyo.com/mt/mt-tb.cgi/2205

Jump!